育毛剤の選び方のコツ

抜け毛や薄毛の症状を改善する為に必要なのは、
頭皮の環境を正常なものにする、頭皮への栄養補給、男性ホルモンを抑制することが
効果的な対策です。

その対策を進める上で、育毛剤によるケアは非常に有効なものがあります。

育毛剤の選び方についてですが、
これは頭皮の状態によって見極める必要があります。

育毛剤の種類は、大きく4種類あります。

知っておきたい育毛剤の種類

1、男性ホルモンを抑える育毛剤

2、血流を促進させる育毛剤

3、毛を作るもとになる毛母細胞を活性化する育毛剤

4、毛根に直接栄養を与える育毛剤

があります。

これらは自分の抜け毛の原因にあわせて利用することが大切で、
目的に合わない育毛剤を利用していても全く効果がありません。

例を出すと、男性型脱毛症であるAGAの症状を抑えたい場合は、
男性ホルモンを抑える育毛剤を利用します。

AGAの人が血流を促進させる育毛剤を使った場合、
結果的に効果がないのか?と思うかもしれませんが、
実際には多少の効果は見込めると言われています。

ただし、根本的な原因を解決することができないので、
やはり抜け毛が止まるということではありません。

この例で分かっていただけるように、自分の症状にあわせて、
正しい育毛剤を選ぶことが重要だということです。

育毛剤を使うことでどういったケアが出来るのか?
と疑問に感じる人もいると思いますが、簡単にまとめると、

頭皮や髪の毛に直接働きかけて、
健康な状態・良好な状態に整えるということです。

さらに簡単な構図で説明します。

育毛剤を使った育毛の流れ

頭皮の状態が悪くなる
↓↓↓↓↓
かゆみ・ふけ・抜け毛などの症状が出る
↓↓↓↓↓
毛のサイクル乱れ髪の毛が生えない
↓↓↓↓↓
育毛剤、育毛シャンプーなどのケアを継続する
↓↓↓↓↓
頭皮環境が正常なものになり、必要な栄養が届きやすくなる
↓↓↓↓↓
毛のサイクルが整い髪の毛が生えやすくなる

といった形になります。育毛剤を上手に使うことで
頭皮や抜け毛のトラブルを解消することが可能です。